パンダ小児歯科医院

小児の歯科予防

トップページ > 小児の歯科予防

1才半前後での予防ポイント

1才半前後での予防ポイント

虫歯のできやすいところ 上の前歯の歯と歯のあいだ

6ヵ月ごろの下の前歯からはえはじめた乳歯は、1才半ごろになると上下の前歯12本と奥歯4本もはえはじめます。ひとによっては、はえ方に早い遅いがありますが、半年ぐらいすれば心配ありません。

食事習慣で大切なこと

スポーツ飲料をホ乳ビンで

1才をすぎたらホ乳ビン、母乳からそろそろ卒業し、寝かしつけのためにミルク、果汁、乳酸菌飲料、スポーツ飲料を利用するのは絶対やめましょう。甘味をとる習慣をつけさせないことが大切です。飲ませたいときは日中ストローやコップを使って与えましょう。離乳食のあとはお茶や湯冷ましを飲ませて、口の中をきれいにしましょう。

歯みがきのポイント

●前歯がはえそろったら歯ブラシをはじめます。
●子供の頭をひざにのせ寝かせみがきをします。
●上の前歯を中心に歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目をていねいに磨きましょう。
●奥歯がはえてきたら奥歯の噛むも磨きましょう。
●歯ブラシはなるべく毛の短い小さめのものを使います。

ページ上へ

3才半前後での予防ポイント

3才半前後での予防ポイント

虫歯のできやすいところ 奥歯の咬む歯のみぞ 奥歯の歯と歯の間

このころ乳歯は20本全部はえ揃います。何でも食べられるようになる反面、甘いものにふれる機会も多くなります。おやつの与え方に注意し、よく咬む習慣を身につけさせたい時期です。乳歯の虫歯が増加し始めるのもこの頃です。

食事習慣で大切なこと

●おやつは決められた時間に決められた量をあげる。
●甘いスナック菓子、ジュース、歯にべったりつくお菓子は出来るだけ避けましょう。
●食事の時はジュースで流し込み食いせず、しっかり咬む習慣をつけましょう。

歯みがきのポイント

●歯ブラシをもたせる習慣をつけましょう。
●仕上げは必ずお母さんが寝かせ磨きをしましょう。
●奥歯の咬む面、歯ぐきとの境い目を1カ所10回は磨いてあげます。
●できれば歯と歯の間はデンタルフロスできれいにしましょう。
●一日の汚れは寝る前に完全に落としましょう。
●定期的に歯医者さんで健診を受けましょう。必要に応じて、フッ素を塗ってもらうのも効果的です。

ページ上へ

6才半前後での予防ポイント

6才半前後での予防ポイント

5〜6才になると下の前歯が抜け替わり、新しい永久歯がはえてくるのに前後して、口の中の一番奥に大きな永久歯がはえてきます。この歯を六才臼歯(第一大臼歯)といいます。

六才臼歯が大切なわけ

永久歯がはえ揃った大人になると、この歯が咬むための中心的な存在をなります。歯の大きさも、ものを咬む力も、最も強い歯なのです。生涯を通じて一番大切な歯となるのです。六才臼歯は歯の王様です。

六才臼歯が虫歯になりやすい理由

●乳歯と抜け替わらず、一番奥にいつの間にかはえてくるので気づかないことが多く、そのため歯磨きがおろそかになってしまう。
●はえたての歯は虫歯にかかりやすい性質がある。
●他の歯と比べて咬む面の溝が深く、食べかすがたまりやすい。

六才臼歯の虫歯予防のポイント

●出たての六才臼歯は乳歯より一段低い位置にあるので、歯ブラシを口の真横から入れて、溝の中のカスや歯の周囲を念入りに磨いてあげます。
●他の歯とは区別して特別扱いしてあげてください。
●仕上げ磨きはお母さんが子供の頭を抱えて後ろからやってあげてください。
●はえ変わった前歯と乳歯の奥歯の歯みがきも忘れずに。
●歯医者さんでの定期健診を続け、必要があればシーラントやフッ素を塗ってもらい、歯を強くしましょう。

ページ上へ
歯科衛生士募集中。歯科アシスタント、受付・保育士も同時募集しています!詳細はこちら パンダ小児歯科医院までのアクセス
パンダ小児歯科医院 TEL092-673-1180

〒813-0001
福岡市東区唐原7-1-3
エスペランサ1F

診療科目:小児歯科・予防歯科
診療時間:完全予約制
(平日:午前9時30分〜午後6時30分)
(土曜:午前9時30分〜午後5時30分)
※昼休み:午後1時〜午後2時
休診日:日祝日

パンダ小児歯科医院 (C) 2006 PANDA pediatric dental clinicdental clinic. All Rights Reserved.